プログラミング講座

プログラミングの必要性は本当にあるの?【日常をルーチン化できる】

現代社会では、コンピューターネットワークが広範囲に張り巡らされています。

人々は何らかのコンピューターサービスを利用しています。

  • 銀行のATMやオンラインでの各種チケットの購入
  • オンラインショップの利用や各種申込み

などコンピューターとネットワークが無ければ、生活が極端に不便になります。

近年、日本を含めた一部の国でプログラミングの授業が必修になる流れが生まれています。

果たして、現代人にはプログラミングをする必要性があるのでしょうか。

プログラミングの必要性と重要性!世の中の仕組みを理解出来る

何気なく使っているサービスは、コンピューターシステムとネットワークが複雑に組み込まれて構築されています。

システムの仕組みを理解しておくだけでも、現代人が現代のシステムをより便利に使う上で効果的です。

プログラミングを学んだり、実際にプログラムを書くという行為は現代人の日常を有意義なものにしてくれるでしょう。

プログラミングをする必要性は全ての人に無いと言う事もできますが、世の中の仕組みを理解していくにはプログラミングをしていくことで、システムの中身を理解する事ができます。

プログラミングでは、アルゴリズムと呼ばれる問題を解く為の手順を定式化する事が多いです。

このアルゴリズムを知るという事は、人間が現代社会で生きていく上で新しい考え方を生み出す礎にもなるシーンが多々あります。

プログラミングの必要性を理解する事で様々な活用が出来る

プログラミングは、プログラマーなどの職業に就く上で必須です。

一方で、その他の業務をしている人々にとっても日常業務を効率化させる為の手段として有用です。

表計算ソフトウェアのエクセルにはVBAと呼ばれるマクロ機能が搭載されています。

膨大なデータ量になってきますと計算が煩雑になったり、表やグラフを作成するのに手間がかかったりします。

そのような時に定式化してマクロを組み込んでおけば、効率的に処理が行えます。

プログラミングを行う事は現代社会では特別なことでは無くなりつつあります。

ユーザーの目的に合ったコンピューターの利用が行えるようになってきます。

プログラミング言語やスクリプト言語を本格的に使えるようになりますと、自分の用途に合ったソフトウェアを作る事ができます。

市販ソフトではカバーしてくれない用途でも効率的な処理が行えるようになります。

プログラミングで日常のルーチンをより効率化しよう

プログラミングをする際には、高速性を求めるのでなければ、ソフトウェアに搭載されているマクロ機能でスクリプトを構築するのが便利でしょう。

エクセルだけでなく、3DCGモデリングソフトや画像編集ソフトなどにもマクロ機能が搭載されています。

これを活用する事で標準では搭載されていない機能を追加していく事が出来ます。

日常行うルーチンは人それぞれ異なりますが、マクロ機能を使ってプログラミングを行えば、ソフトウェア開発者で無くても様々な機能を追加していく事が可能です。

プログラミングを学ぶ必要性は多くの人々にあります。

それは仕事としてプログラムを組んでソフトウェアを開発するだけでなく、日常行っているルーチンをより効率的に短時間で行える環境を整える為に実践するようにしておきますと、同じ事を行っても時間の使い途が大きく変わってきます。

オンラインサービスを運営したり、ソフトウェアを販売したりするのであれば、高度なプログラミング技術が求められる場面もあります。

スクリプト言語はもっと簡易的な用途で直ぐに使えるのが利点です。

使うスクリプト言語の選び方も大切でしょう。Webサイト上でサービスを提供したいというのであれば、PHPやRubyやPerlやPythonなどのサーバサイドで動作するスクリプト言語を導入するのが良いでしょう。

一方で、表計算などであれば、そのソフトウェアに搭載されているマクロ機能に準拠したスクリプト言語を学ぶのが効果的です。

プログラミングを行う上で注意するべき点

現代人にとってプログラミングは便利に使える手段と考える事が出来ますが、プログラミングをする上で気をつけておくべき事とはどのようなことでしょうか。

C言語などのプログラミング言語はソースコードを実行ファイルへと変換しなければいけません。

この作業の事をコンパイルと言いますが、C言語やC++言語などはこの作業が必須です。

一方で、PHPやRubyなどのスクリプト言語はインタープリターを通して処理を一文ずつ行っていきますので、コンパイル作業が不要となっています。

しかし、処理速度はどうしても遅くなってしまいますので、処理速度やハードウェアの性能を最大限に発揮したい場合はC言語などを使うのが適切です。

プログラミングを行う上で注意するべき事は、用途によって言語を使い分けるという事です。

ハードウェアの性能を引き出すようなプログラミングの場合は、かなり高度な技術を必要とします。

プログラミングは、現代社会においてポピュラーな事になりつつあります。

市販ソフトなどが標準搭載していない機能を搭載することも可能になります。

プログラミングの重要性は日常ルーチンを効率化できること-まとめ

日常のルーチンを効率化させる事が出来ますので、開発者で無くてもプログラミングを習得しておく必要性はあるでしょう。

プログラミングを通してアルゴリズムを学ぶ機会もありますが、その思考は他の事にも応用していく事が出来るかもしれません。

考え方の幅を広げるという目的においてもプログラミングを行う必要性は十分にあります。