プログラミングスクール

プログラミングを初歩から始める方法を解説【スクールを利用する】

プログラミングを学ぶ人は誰もが初歩からスタートします。

生まれた瞬間からいきなりプログラミングが賭ける人間はまずいません。

そういった意味でどんな名うてのプログラマーも一度は通る初歩と言う段階ですが、実際どのような手順を踏むことが多いのか分からず二の足を踏んでいる方は少なくありません。

そこで今回、

  • プログラミングを初歩から始める方法を手順
  • 準備
  • り込みの方法
  • さらに一歩進むための方法

について紹介していきます。

これを読めばプログラミングを初歩から学ぶことも躊躇しなくなるのではないでしょうか。

プログラミングの初歩からの手順

プログラミングの初歩からの手順についてまず大まかにお話ししていきます。

稼ぐ方法などは別として、純粋に学ぶための手順をステップごとに紹介します。

そのステップは、

  • 作りたいものを決める
  • 言語を決める
  • 環境の作り方やツールの使い方を知る
  • 実際に言語を学ぶ

という流れです。

言語を決めるのは稼ぐための言語を学ぶのか、趣味で学ぶのか、それとももっと大きな、世界を変えるためのプログラムを作ると言ったものでも構いません。

つまり学習を継続するためのモチベーションとなるものがこれに当たります。

次は言語です。

基本的なC言語やWEBなどで利用するためのPHPと言った言語、あるいはスマホアプリを作るためのJavaなど、自分がプログラムで実現したいものを選ぶことです。

例えば、少額からでも確実に稼ぐと言ったものであればWEBで用いられることが多く需要もある言語(PHPやRubyなど)を学ぶと言ったことが必要ではないでしょうか。

環境の作り方やツールの使い方は選んだプログラミング言語をコンピュータ(パソコン)で動かせるようにコンピュータにソフトウェアを導入したり設定を調整することとして、IDE(統合開発環境)と言うプログラミングに必要なツールが一通り揃ったソフトウェアをインストールすると言った作業がこれに当たります。

最後のステップとして実際に言語を学ぶことです。

サイトで学んだり、あるいはスクールをオンラインや実際の教室で学ぶと言ったことを行います。

継続できるようにするには料金を払ってスクール、お金をかけずに独学ならサイトで学ぶと言った手段があります。

プログラミングの初歩で準備すること

プログロミングの初歩で準備することをお話しします。目標を決める、言語を選ぶ、ソフトウェアを入れる、実際に学ぶと言った手段以外にも準備することとして、仲間づくりと心構えです。

仲間やコミュニティを作って学習効率をあげると言ったものですが、やはり一人では学ぶのが大変です。

そのためお互いを支えるための仲間が必要です。

ダイエットでも一人で行うより多くの仲間がいた方が成功しやすいのと同じ理由と言えます。

手っ取り早いのはスクールで仲間を見つけることですが、ネットでもそういった仲間を探すことはできますから、学習を始める前に探してみるのも良いのではないでしょうか。

また、学習法も最低限必要なものを正しい順番で行うことが効率の良いものと言えます。

そして必ずしもすべてを暗記するのではなく、必要に応じて覚えたり、導き出すことが重要と言えます。

心構えとしてはエラーが出てもそのエラーを解決できることが重要です。

プロでも時間のほとんどをエラー解決のために使っている人もいる位ですから、そのエラーの解決の仕方を学ぶことが大切と言えるのではないでしょうか。

これらの点も初歩で準備することとして大切です。

プログラミング初歩からの売り込み方法

プログラミングの初歩から将来的に稼いでいくための売り込み方法について紹介していきます。

自分の能力をアピールする作品を作ることと、学習する習慣をアピールすることです。

作品に関してはチュートリアルなどで作った作品を少しずつ変化させてプログラムの作り方を学んでいき、作成します。

こういった方法では難しい場合、基礎を学んでアウトソーシングで簡単な依頼を受け、その実績を積んでいき、自信がついたら逆に売り込みを行うという方法もあります。

また学習する習慣をアピールするというのは時期が来たら再度売り込みを行い実力が上がっていることをアピールするということです。

依頼主によってはある程度の水準に達したら過去に不採用だった実績を無しにしてくれることも少なくありません。

プログラミングの初歩から一歩進む

最後にプログラミングの初歩から一歩進むための話題に移ります。

初歩から一歩進むにはスクールであれば文字通り中級者クラスに移ったりすることが挙げられますが、独学の場合は実際の専門書を手に取るということです。

ネットで独学によって学ぶ場合、ある程度のレベルまで達すると頭打ちになることがあります。

そこから一歩進もうと思ったら、プロも読むような専門書を手に取ることです。これを行えば、初歩から一気にアマチュアの中上級クラスになります。

プログラミング初歩から抜け出す方法-まとめ

プログラミングの初歩はどのようなプログラマーであっても一度は通る道です。

まずは準備をしてスクールで、あるいは独学でプログラミングを始めましょう。